FC2ブログ

09月≪ 2013年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/27(Sun)

第2回SL選手権 結果

とにかく過疎化が酷かった。やはりポケモンの影響なのだろうか。
辛うじて3人揃ったので中止は免れたものの、これはひどい。
そして内容もgdgd・・・
スポンサーサイト
22:08  |  マリカーDS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/16(Wed)

ポケモンX・Yプレイ日記Part3

と、その前に。
月曜にポケモンセンター行ってきた報告記から。

…まさかポケセンでこんな莫大な資金を使う日が来るとは思わなかった。

▼購入したもの一覧
等身大ぬいぐるみ ハリマロン&フォッコ \4'500 x 2 = \9'000
Pokemon with you シリーズ缶バッジ ハリマロン&ニンフィア&フラベベ&エリキテル \250 x 4 = \1'000
ポケセンオリジナルぬいぐるみ エリキテル&フラベベ \1'200 x 2 = \ 2'400
ポケモンXYぬいぐるみ デデンネ \1'764
ブイズのトートバッグ \798
キーホルダー ハリマロン&ニンフィア \420 x 2 = \840
ストラップ ハリマロン \700
フィギュアボールペン ハリマロン \680
モンコレ ハリマロン \346
チャーム ハリマロン(+フラベベ&ヤンチャム) \380
チョコインクッキー(職場へのお土産) \980 x 2 = \1'960

合計 \19'868

これは流石に買いすぎではなかろうかwwwwww
過去の最高金額を倍以上は確実に更新しましたね。
しかしどうせなら2万に乗せたかったかなーとか思ったり。
フォッコの缶バッジも買っておけばよかったかな?
実はPokemon with youシリーズは未開封の缶バッジも結構あったりする。
ブイズのトートバッグは職場に小さめの飲料とか持ってくのに小さいバッグが欲しいなーと最近思っていたので購入した。
ボールペンは鞄に入れたらちょうどハリマロンちゃんがポッキリ逝きそうな場所にいて怖かったので結局使わずに自宅保管に。
エリキテルとフラベベは購入予定なかったのについ目がくらんでしまった。
圧倒的ハリマロン率・・・と思ったら案外そうでもないですね。
写真撮ろうと思ったけど多すぎ&既に使用済みのものも多いので断念。

これから毎日ハリマロンとフォッコのぬいぐるみを抱く毎日が始まるのか…。
しかしフォッコがちょっとでかすぎる気がする。
やっぱ四足歩行のポケモンが等身大になるとちょっと抱きにくいんだよな。
一方でハリマロンはちょうどいい大きさだったので安心。

それではプレイ日記をどうぞ。
…正直もうあんまり書くこともないんですけど。

※以下ネタバレを大量に含むのでご注意ください。
10:58  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/13(Sun)

ポケモンX・Yプレイ日記Part2

昨日までの流れを挽回。
最後のジムを制覇しチャンピオンロードに向かうところです。
我ながら凄まじい廃人プレイ…昨日11時に届いてから今日の朝6時まで不眠不休プレイ。
流石にきつかったので1時間仮眠取ってからポケテレ視聴。
その後すぐに再開するがやはりきつかったので10時~15時半まで仮眠。
そこから再び不眠不休プレイ。いやぁ廃人の意地って恐ろしい。

※以下ネタバレを大量に含むのでご注意ください。
22:27  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/12(Sat)

ポケモンX・Yプレイ日記Part1

これはひどい。昼11時から飯と便所以外はほぼ不眠不休でプレイしてたのに
未だバッジ2個という凄まじい進展の遅さ。
原因は恐らくアレのせいだろう。

※以下ネタバレを大量に含むのでご注意ください。
22:43  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/11(Fri)

好きな駅ベスト15!

ようやくJR九州の訪問駅全てのページの仮掲載が完了しました。
なんとかXY発売までに間に合わせることができた…。
あくまで仮掲載なので中身はまだ未作成ですが、写真だけでよければ是非ご覧ください。
で、前々回の旅の時のページもまだ未作成のページがあり、恐らく100駅以上あるかと…。
果たしてこれ年内に終わるんだろうか。

さて、ご覧の通りこれまでに多数の駅を訪れてきたわけですが
果たしてこの中で特に気に入ってる駅といったらどこになるのでしょうか?
自分でも数が多くて正直よく分からないような状態になってたりします。
そこで厳正なる審査の結果、以下の駅が選ばれました。



1位:JR飯田線・小和田駅(静岡県)
これまでに様々な駅を巡ってきましたが、1番の駅といったらやはりこの駅で揺るがないですね。
降りた瞬間から深い山奥の静寂な雰囲気に包まれる感じが本当に素晴らしい。
更に古い木造駅舎がその雰囲気をより強く引き立てる、言葉では表現できない素晴らしさ。
これ程素晴らしい場所は日本中探し回っても恐らくここぐらいのものでしょう。
夜になればその雰囲気は更に素晴らしく、何回降りても感動できる駅ですね。


2位:JR肥薩線・大畑駅(熊本県)
日本で唯一、ループ線中にあるスイッチバック駅という極めて特徴的な駅です。
更に古い木造駅舎が残り、駅前も山深い秘境の場所にあるという素晴らしい駅です。
まさに私が好む要素の全てが詰まっている駅であると言えるでしょう。
最近は観光列車も走るようになりましたが、荒れることなく残ってくれて嬉しい限りです。


3位:JR上越線・土合駅(群馬県)
鉄道ファンでなくともご存知の方も多いであろう、通称日本一のモグラ駅と呼ばれる駅です。
なんと言っても特徴は486段の階段で結ばれたトンネルにある下りホームでしょう。
又、駅は深い山中にあって民家も殆どないので秘境駅としても楽しめる駅です。
私が駅巡りを始めるきっかけとなった駅の1つです。この駅を語らずして始まることはないでしょう。


4位:JR奥羽本線:峠駅(山形県)
かつては4連続でスイッチバック駅が続くうちの1つでした。
深い山中にあり民家は峠の力餅本舗のみで、現在でも力餅が駅売りを行っているのが特徴。
又、スイッチバックの跡も残っており好奇心が尽きない駅です。
それにしてもこの駅で実際に峠の力餅を買う人はいるのでしょうか…。


5位:JR石北本線:上白滝駅(北海道)
この駅で特筆すべき特徴は、1日1往復しか列車が来ないという凄まじい駅であるということ。
故に訪問はとても困難ですが、それだけ魅力もある駅なんですよね。
ただ、民家は10件以上あるので正直秘境というような雰囲気ではなかったり。
かつてはこの先に天幕駅、中越駅、奥白滝駅という同じ1往復の駅がありました。
もしこれらが現役だったらこの駅より更に魅力的だったんでしょうねぇ。


6位:JR三江線・宇都井駅(島根県)
地上から20Mも高さのある高架上に作られた駅として有名な駅です。
1日4往復しか通らない区間にある駅である為、当然エレベーターなどの設備は無し。
周辺の雰囲気から完全に浮いており、かなりインパクトのある光景が見れます。
しかしこの民家の数でもこの三江線では多いほうに見えるのだから恐ろしい…。


7位:JR芸備線&JR木次線・備後落合駅(広島県)
木次線の終着駅で、芸備線と交わる交通の要所…のはずなのですが
駅前はびっくりする程閑散としており、7件程度の民家があるのみでまさに秘境駅です。
かつては交通の要所で多くの優等列車が通っていたのでしょうが、今の姿からは想像もつきません。
列車本数も三次方面が5~6往復、新見方面と宍道方面は3往復と非常に少ないです。


8位:JR札沼線・新十津川駅(北海道)
恐らく現在到達が最も困難であろう札沼線の終着駅です。
1日3往復しか来ないのですが、3往復は大体朝1本、夕方2本というダイヤが一般的ですが
何故か朝が9時台と遅く、2本目は昼間にもう来てしまうという奇妙な設定になってます。
利用者も鉄っぽい人しか見たことがなく、正直存在意義に疑問を感じる程でした。
果たしていつまで生き残れるんでしょうかね…。


9位:JR篠ノ井線・姨捨駅(長野県)
鉄道ファンなら非常に有名な、日本三大車窓に挙げられている素晴らしい景色が見れる駅です。
そして貴重なスイッチバックの駅でもあり、様々な魅力に満ちた駅です。
とにかくその景色は圧巻。比較的近いこともあり、もう何度も降りている駅です。
篠ノ井線は利用者の多い路線ですが、この駅は比較的閑散としています。


10位:JR飯田線・大嵐駅(静岡県)
まさかの飯田線から2つ目の駅を掲載。駅舎はなんと東京駅と同じレンガが使われてるとか。
とてつもなくダイナミックな天竜川を結ぶ橋とそこからの渓谷の眺めは最高です。
何故か秘境駅に挙げられていませんが周辺は民家が皆無で、文句なしの秘境駅です。
飯田線は他にもお勧めの駅が多く、列車本数もそこそこあるので非常にお勧めです。


11位:JR津山線・亀甲駅(岡山県)
駅名にちなんで、駅全体が亀尽くしになってるという実にユニークな駅です。
駅舎だけでなく、駅の中のあらゆるものが亀化しています。ほんと面白いです。
ただ、訪問時は駅舎の亀の顔の部分が改修中だったのが残念。いつか再訪したい。
尚、結構大きい駅で利用者は多いです。


12位:JR木次線・出雲坂根駅(島根県)
3段スイッチバックと延命水で鉄道ファンには割と有名な駅です。
列車本数は1日3往復と少ないですが、最近駅舎が建て替えられたという動きも。
正直、3往復の駅によくこんな立派な駅舎を建てたなぁと驚きですね。
周辺は山深い場所にあってお勧め。ただ、車の交通量がやや多いのが玉に瑕。


13位:JR指宿枕崎線・西大山駅(鹿児島県)
ご存知、日本最南端の駅。私が駅巡りを始めるきっかけとなった駅の1つ。
しかし駅周辺は民家などは何もなく、その寂しい光景に当時かなり驚いた記憶があります。
当時は秘境駅という言葉はまだ知らなかったのでインパクトがありました。
ただ、最近は観光化され土産屋などもできてしまった為、ランクダウン。


14位:JR宗谷本線・糠南駅(北海道)
宗谷本線の駅はどれも素晴らしいのですが、特筆する程の駅はこれといって特になかったりします。
でもあえて紹介するとすれば、待合室が物置の倉庫になってるというこの糠南駅でしょう。
他にお勧めは豊清水駅、天塩川温泉駅、次点で上幌延駅など。
でも正直名寄~南稚内間の駅ならどこで降りても素晴らしい駅だと思います。


15位:JR青梅線・白丸駅(東京都)
この駅の特徴は、なんと東京にある秘境駅であるということです。
とはいえ奥多摩駅の手前なので中心部からは大分外れてるんですけどね。
それでも関東民なら手軽に訪れられる駅です。
秘境といっても10件程度の民家はあるんですが、とにかく山深い場所で人の気配がないんです。
「信じられるか…?ここ東京なんだぜ…?」と言いたくなる駅であること間違いなしです。




といった感じになりました。
本当に様々な駅を訪れてきましたが、1~3位は決して揺るがないでしょうね。
9位以下については散々悩みましたがこんな感じになりました。
ただ、以前なら小幌駅やら大志田駅やらといった秘境駅ばかりで埋めていた私ですが
こうした別の特徴がある駅を多く取り入れるようになったあたり、心境の変化を感じますね。
今後はどんな駅に出会えるんでしょうか?まだまだ楽しみが尽きませんね。
06:42  |  鉄道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/10(Thu)

アクセス解析

先月27日より、私のHP内で「忍者ツールズ」によるアクセス解析を実地していたのには気づいていましたか?
このブログの左上にある小さな広告が目印です。

これは昔にも設置していて、現在のHPはロリポップという有料のサーバーを使っていますが
そこに移転する前はFC2の無料サーバーによるものでした。
それで、FC2のHPにはアクセス解析機能はなかったので、これで補っていたと。
しかしロリポップに移転以降、こちらには便利なアクセス解析機能があったので
もう必要ないと思ったので忍者ツールズは外していたのです。
あと、FC2時代はPHPが使えなかったので、ページ数が多すぎて更新が困難だからってのも。

だけどこの解析機能、かなり不便なんですよ。
いちいちダウンロードしないと詳細な結果は見れないし、何より分かり辛い。
それで、昔使っていた忍者ツールズのアクセス解析を再利用したのです。
現在のHPは全ページPHP化も完了したので、解析タグを入れるのも簡単になりました。
ヘッダー部分に解析タグを挿入すれば、同じヘッダーを使ってるページであれば
同じ解析タグで簡単に共有できるので、簡単に設置&解析ができるようになったのです。
1ページごとの細かな解析というのは流石にできなくなりましたが
検索ワードやリファラーの収集さえできれば十分なので、何も問題ないのです。
鉄道のページはどこがアクセス数多いのかちょっと気になるけど…。

で、解析結果。果たして私のHPでアクセス数が多いのはどこなのか。
調べてみるとマリカーのページがダントツなんですよ。
特に最近再建したSLのページはマリカーの館と別のタグで解析してるんですが
どちらもダントツでHP内では多いアクセス数を叩き出してました。
で、検索ワードを調べると「SL」などの単語が多いのはまぁ当然なんですが
実は「ミッションラン攻略」のページが特に需要あるんです。昔からそうでした。
ここ最近では鉄道のページもアクセス数が増えていて、検索ワードも増えてました。
ポケモンのページは流石に少ないですが、バトフロ関連は稀にヒットするようですね。

やっぱりアクセス解析なら忍者ツールズ一択ですね。
軽いしバナー小さいし、何より分かりやすい素晴らしいアクセス解析ツールだと思います。
ホームページやブログをお持ちの方は、是非お試しあれ。
22:23  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/09(Wed)

チームSL 簡易アンケートのお願い

チームSLのルールに関するアンケートです。
ご協力お願いします。
16:55  |  マリカーDS  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/06(Sun)

歴代のポケモンを全て語ってみた

ポケモンXY発売までいよいよあと1週間を切りました。
もう楽しみで仕方がない状態が続き、いてもたってもいられません。
こんな調子で今週のバイトは大丈夫なのでしょうか。

さて、そんな今回はこれまでのポケットモンスターシリーズについて語っていこうと思います。
完全に個人の価値観から捉えたものですので悪しからず…。



▼第1世代(赤・緑・青・ピカチュウ)
・当時の年齢:7~11歳
・当時好きだったポケモン:ピカチュウ一筋
・最初に選んだポケモン:ゼニガメ

言わずと知れたシリーズの原点。
初プレイは赤で、既に9歳になった頃だったので発売から1年半過ぎてました。
はまり出したきっかけは当時学校で流行ってたというどこにでもある理由から。
この頃は151匹という概念が抜けなかったのに、今は随分変わりましたよね。
まさかこんなにも長い間続くなんてこの頃は思ってもみなかった。

これもまた友人の影響で、アニメ版のポケモンも暫くしてから見始めました。
最初に見たのは、たしかスリープとスリーパーが登場してカスミがコダックをゲットする回。
あの有名なポリゴンショックの影響でアニメが打ち切りになった時のショックは今も忘れません。
ちなみにあの回があった当時は小4で、その回も普通に見てたけど何も問題なかったなぁ。
事件があった後に教頭先生が来て「ポケモンで倒れた子、いない?」って聞いてきたのは今でもよく覚えてます。

この頃のピカチュウはかわいかった…今とは全然違いますよね。
当時は純粋にピカチュウが1番好きだったけど、まさかあんな風になるとは…。
あと、この時代はやはり151匹、1作品で全てを仕上げてる感があったので
ポケモンリーグで「世界で1番強い」と言ったり、アニポケに関して言えば
後のシリーズで「ベスト16」が何度も語られてたのがよかったですよね。
最近はこういうのがなくなっちゃったからなぁ…。

反面、初代故かポケモンの名前がやったら単純すぎたり(ピジョンとかジュゴンとか)
当時の私はよく知らなかったけどユリ・ゲラーの名誉毀損の問題とか
ポケモンリーグ四天王がポケモンを愛でることを否定するようなことを言ったりとか
今では考えられないような要素もいくつかありましたねぇ。





▼第2世代(金・銀・クリスタル)
・当時の年齢:11~14歳
・当時好きだったポケモン:新伝説系全て
・最初に選んだポケモン:チコリータ

151匹という固定概念が抜けなかった当時、新しいポケモンの登場というのは衝撃的でした。
新しいポケモンに出会えるというドキドキ感は今も昔も変わりませんね。
そしてカントー地方に行けた時の感動は今でも忘れません。
あと、チコリータを選んだが故のツクシのストライクがトラウマだったり。
この時の草はほんと不遇でした。ジョウトに草に有利なジム皆無だし。
でもヤナギだけは複合タイプが全て草弱点だったから楽だった。
それと、GBカラーの登場でカラー化したのも衝撃的でした。
当時はあれでも神グラフィックっていうイメージだったのに…ほんと時代は変わりましたね。

他の世代に比べてあんまり書くことが思いつかないなぁ…。
ポケモンは金銀が1番神だったと言う人が多いですが、正直私は逆だと思ってます。
今思えばカントー行けるとか、旧作の要素入れたのは失敗だったんじゃないかなと。
あと、当時は友人にPAR使いがいて、その影響で改造厨化してました。
今思えば黒歴史すぎて仕方がないですね^^;




▼第3世代(ルビー・サファイア・ファイアレッド・リーフグリーン・エメラルド)
・当時の年齢:14~18歳
・当時好きだったポケモン:ボーマンダ、フライゴン、チルタリス
・最初に選んだポケモン:アチャモ

流石に中学・高校に入り、徐々にポケモン自体が敬遠されてる感の否めなかった時代。
他の好きだった作品から次々離れていく中、変わらず残ったのがこのポケモンだった。
周りの友達もポケモンやる人がどんどん減っていって友達も減っていった感。元から少なかったけど。
やっぱり金銀と比べると、旧作のポケモンに会える数が限られてしまっていたり
カントーにもジョウトにも行けなかったりとどうしてもガッカリ感があったのは事実。
ですが劇場版「七夜の願い星ジラーチ」はポケモン映画史上最高の名作だと思うし
GBA時代に突入したことでグラフィック面の進化などなど、見所はたくさんありました。
ロケット団がいなくなったっていうのも衝撃でしたね。

そして、私が「3値」を知ったのはこの頃から。
エメラルド発売後、バトルフロンティアによる超絶廃人プレイも始まりました。
頑張って金シンボルを獲得していきましたが、結局ファクトリーだけ取れず挫折。
更に戦術に磨きがかかった今ならもっと記録を伸ばせるかも?
当時のエメラルドのプレイ時間は約960時間と、まさに廃人プレイそのものでした。
その後もこのプレイ時間は1度も破られていません。

あと、この時代で筆頭するべきと言ったらやはり「ポケパーク」の存在。当時17歳でした。
この頃は既に駆け出し鉄の頃でもあり、鉄活動の終盤に行きましたね。
ただ、それでも激混み故に全部行けず、9月に結局親と一緒に行ったりなんかして。
まぁ親と一緒に行ったのは愛知万博のほうがメインでしたけどね。
当時は名古屋でもかなりの長距離移動でしたが今となっては…。

この時代は映画も素晴らしかったし、アニメもこの頃はかなり輝いていた気がする。1番輝いてた。
特にバトルフロンティア戦のバトルはどれも白熱した展開ばかりで印象的でした。
あらゆる不利な状況を様々な方法で切り抜けるという展開、ほんといいですよね。
特にVSヒース戦はかなり印象的でした。もう1度見たいなぁ…。
ダツラ戦のフリーザーVSリザードンもかなり熱かったですよね。

そうですね、反省すべきと言ったらリメイク版のFRLGが手抜きすぎる点でしょうか?
やっぱり1番道路に入った時のガッカリ感がね…。
初代のここはポケモンの歴史に残せるぐらいの素晴らしい神曲だったのに。
ナナシマも新要素としては微妙な感じでしたし、何より3犬の扱いが酷いこと。
伝説の個体値をほぼ0で固定させるとか何を考えてるんだと…。あれは納得できなかった。
こういう要素故に当時は悪徳商法感があったのは否めなかった。
今後はこういうことはしないで欲しいものです。こんなことしたら離れる人増えちゃうよ。





▼第4世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー)
・当時の年齢:18~22歳
・当時好きだったポケモン:パチリス、アグノム、ポッチャマ
・最初に選んだポケモン:ポッチャマ

あらゆる意味で時代が大きく変わった頃。
これまでは伝説系、ドラゴン系などのいわゆるかっこいい系のデザインを好んでいたが
この時代にパチリスと出会ったことにより趣味傾向は劇的な変化を遂げることとなる。
当初はディアルガとかも好きだったが、徐々にかわいい系に需要を取られていく。
そしてこの時代1番の変化はやはりWi-Fiの登場だろう。
GTSの登場で世界中の人とポケモンが交換できるようになったというのは本当に凄かった。
頑張ってパチリスばっかり集めてた時期もあったなぁ。
又、アルバイトを始めたことで今までは難しかったゲームやグッズの購入も楽になり
これまで手をつけていなかったゲームなどにも次々手を出していく。
ポケダンシリーズに手を出したのも大きかった(救助隊はまだ未プレイでした…)
購入したグッズの量も大幅に増え、プレイしたゲームの数も大幅に増えたので
ポケモンの視野が大きく広がった時代でした。

ただ、この頃はネタ切れの噂もあったくらいに新ポケモンの扱いが雑だった印象。
何が酷いって既存ポケモンの進化で強引に数を増やしてる感が否めないのが…。
初めて出会うポケモンも前作に比べてかなり少なかった気がするし。
やっぱりこういう要素を反省したのが次回作に繋がったのかな?
あと映画も3部作とか言い出して1回1回の内容がかなり薄くなっていた印象。
ディアルガVSパルキアVSダークライの時なんか最後まで話の内容分からなかったし。
これもやっぱり次回作では反省を踏まえていったのかなと。
それとポッチャマの無理やりなキャラ付け感もなぁ…。
当初はポッチャマ好きだったのにあれのせいで逆に離れてしまった感がある。
シェイミのキャラ付けも個人的にはあまり好きではなかった。まぁこれは好みか。
良い要素も多かった分反省点も多かった時代でしたね。





▼第5世代(ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2)
・当時の年齢:22~25歳
・当時好きだったポケモン:ツタージャ、エモンガ、チラーミィ
・最初に選んだポケモン:ツタージャ

すれ違い通信、ランダムマッチなど期待していた要素が多かったけど
いざ蓋を開けてみると正直どれもガッカリ感が強かった…。
ポケモンのデザインに関しても、既存の進化系を作らなかったのはいいことだと思うけど
今度は前作までのポケモンと被りすぎなのが酷かった。
御三家とか、最初シルエット見た時ヒトカゲ・ナエトル・ポッチャマにしか見えなかったし。
そして進化系の酷さ。特にミジュマルは酷すぎた、何故四足歩行にしたし…。
ポカブの進化に格闘を入れたことで炎御三家3連続格闘ってのもあり得ない。
アニポケに至っては、ロケット団の改悪設定が酷かった。映画での扱いも雑すぎるし。
わざとらしくサトシを大幅に弱体化させたのも流石に酷すぎ…。
更に黒き英雄と白き英雄っていう2つの映画をわざわざ別々に公開したのも意味不明。
それでいてあの内容のなさ、正直落胆の一言でした…。
ゲームに至っても、イッシュ地方のマップの狭さ故に今までの要素が大幅に削られた感。
便利だった機能悉く潰れましたよね。マイナーチェンジである程度は挽回したが、それでも…。
BWは個人的に今までで1番駄作だった印象。次回はもっと頑張って欲しい。

反面、この時代は評価すべき点も多かった。
まず、ポケモンを全てイッシュ縛りにしたことで最初のドキドキ感を楽しめたこと。
やっぱり最初に新作をプレイした時って、新しいポケモンに出会えるドキドキ感が1番大事だと思うんですよ。
それを考えたうえでのこの設定は素晴らしかったですね。
ただ、グッズ展開とかも暫くイッシュ縛りになっちゃったのは辛かったけど。
そして、子供のみならず大人のことも配慮した設定。漢字なんかもそう。
特に「ポケモンいえるかなBW」の登場は嬉しかった。
今までのシリーズでもこういうのやって欲しかったですよ。初代からなかったし。
つるの剛士さんが歌ってたっていうのも個人的には嬉しかったり。
あとは今までにないストーリーの濃さ。これは本当に素晴らしかった。
コアな人達にとってはポケモンのシナリオは飾りというイメージが強いぐらいだったけど
今回はそうは思わせないというぐらい実に濃い設定で、やってて本当に面白かった。
アニメも序盤は酷かったけど、デコロラあたりからは良回が多かった。
こういう点は是非とも次回作でも生かして欲しいところ。





こうして考えると17年の歴史というのは実に長いものですねぇ。
今後ポケモンがどう変わっていくのかは検討もつきませんが
いずれにしても、末永くポケモンを楽しんでいければいいなぁと思います。本当に。
23:37  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/06(Sun)

国内交流戦 2013年10月

日付変更前は良マッチが全然なくてだるかったけど
日付変わった後は神マッチだらけでテンション上がりまくり。
そんな交流戦でした。
09:13  |  マリカーDS  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/04(Fri)

各種鉄道のページ更新

先月の九州旅行で訪れたJR九州以外の駅と、JR九州で再訪した駅のページを全て更新しました。

ようやく一段落ついた感じだけど、JR九州の駅については写真の編集作業すら手をつけてない状態…。
又、昨年末からの雪国旅行の訪問駅のページもまだ未完成が大量にあるし
正直これ年内に終わるのか疑問で仕方がないw
ちょっとずつ更新していくつもりですのでどうか気長にお待ちくださいまし。

今のところ長期旅行の計画はないけど、次行くとしたらやっぱりまた北海道だなぁ。
来年5月に廃止されてしまう江差線を見納めに行きたいからね。
来年1月ぐらいで計画したいけど、まだ何も手をつけてない…。
13:53  |  鉄道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。