FC2ブログ

01月≪ 2015年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.02/23(Mon)

【ダブル】パチリス調整まとめ

80戦以上の経験で流石に分かってきたので、パチリスの調整についてもメモがてら公開。
物理が多い環境であり、弱点も物理が多いことから性格はB補正前提で計算。

計算にはこちらのサイト様を使わせて頂きました。
http://pokemon-trainer.net/xy/dmcs/




以下メジャーどころから適当に計算した結果。

補正ありH252B20振り(H167B102)ようき無補正テラキオンのランク+3いわなだれ確定耐え
補正ありH252B52振り(H167B106):いじっぱり鉢巻ファイアローのフレアドライブ確定耐え
補正ありH252B76振り(H167B110):ようき無補正ガブリアスのじしん確定耐え
補正ありH252B108振り(H167B114):ようき珠テラキオンのインファイト確定耐え
補正ありH252B156振り(H167B121):いじっぱりスカーフガブリアスのじしん確定耐え
補正ありH252B180振り(H167B124):いじっぱりメガクチートのじゃれつく確定耐え&いじっぱり無補正ドリュウズのじしん確定耐え
補正ありH252B204振り(H167B127):ようきメガルカリオのインファイト確定耐え
補正ありH252B220振り(H167B129):ようきメガガルーラのすてみタックル確定耐え
補正ありH252B236振り(H167B132):いじっぱりスカーフ霊獣ランドロスのじしん確定耐え



特殊方面はこれといった仮想敵が見つかりませんでした。
サザンドラの眼鏡流星群クラスの火力はDに補正をかけないと耐えられず、メガバクーダの大地の力は特化しても無理だった。
メガリザYのねっぷう、ニンフィアの眼鏡ハイボ、メガゲンガーのヘド爆、メガマンダの流星群なんかも無振りで耐えられる。
一応D44振り(H167D116)でひかえめトリトドンのだいちのちからが確定耐えになるぐらいか。

現環境におけるガブはラムや襷のほうが多く、メガガルは猫騙しが飛んでくるので仮想敵にするのはやや危険。
ドリュウズは珠が多いのでこちらも仮想敵にするのは危ないか。
ちなみに陽気ガブでも珠地震がきたら確定耐えは無理。
いじっぱり珠キリキザンの叩き落とすはランク+1だと特化しても耐えられないが、ランク0なら無振りで耐えられる。
ダブルでは見たことないけどいじっぱりマリルリのランク+6アクアジェットも流石に耐えられない。

こうして考えると仮想敵はB180振りのメガクチートかも。
実際特殊で落とされたケースってあんまりないからね。
計算してて思ったけど、今の環境って本当に物理に隔たってるんだなぁ。
そして鋼と飛行に耐性を持てるパチリスは改めて優秀だと思った。

この計算だと、いっそのこと今の環境ならHB252振りでもいいかもしれんね。
1耐えではなく2~3耐えで計算するとまた違った結果が出せるかもしれないので、いずれまた計算してみようかな。
スポンサーサイト
03:21  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.02/22(Sun)

【ダブル】リリバのみニンフィア

さて、昨日紹介したメガボーマンダに続きニンフィアの調整案について。
メガボーマンダも過去調整を試行錯誤し何度も作り直しましたが、ニンフィアも相当作り直してます。

ニンフィアといえば、ダブルにおいては使用率のかなり高いポケモン。
PGL統計では今現在3位にランクインする程メジャーなポケモンです。
ぶっちゃけメガガルランドアローキザンに比べたらそんなに見かけないんだけどなぁ…。

ただ、最近の環境では苦手な毒鋼が大体1体は入っており、物理に隔たった環境故に選出率がどうしても落ちてしまいがち。
PGL統計によると持ち物は眼鏡がダントツの1位だが、個人的に眼鏡はお勧めできない。




で、最近思いついたのがこちら。

IMG_4230.jpg

努力値:164-0-0-248-0-96
H:16n-1 S:無振り70族+2&追い風で最速115族抜き
※めざ炎の為、CSはU

ニンフィアのHS調整には毎回悩まされるのだが、この調整は個人的には中々芸術的。
定数ダメージ最少の16n-1に加えて絶妙なS調整ができる為だ。

リリバのみって何ぞ?と思った方も多いかもしれないので一応解説。
これは鋼タイプを半減させる木の実で、一応PGLでも今現在8位にランクインしている持ち物。
現環境では毒は特殊が多く、鋼は物理が多い為鋼への負担を少しでも減らすことを考慮した型。
一発耐えてめざ炎で奇襲をかけることができる。
仮想敵で考えると、地面が刺さるヒードランやジバコイルは特殊型であり、炎が刺さるハッサムやナットレイは物理型がそれぞれ一般的。
今回は物理に役割を持たせたいので炎を選択した。
これで相手に毒鋼がいても、特殊耐久の薄いポケモンが多ければ選出率を向上できる可能性がある。
しかし眼鏡がない分火力が足りず確1にはできない為、手助けなど何等かの補助は欲しいところ。

だが、この型を作ってから致命的なミスに気付いた。
半減実を持たせてもメガクチートのアイアンヘッドを確定で耐えることができなかった。
この調整で確定耐えにするには、ちょうどBに92振る必要がある。(実値97)
Sに振っていた分をBに回すべきなのか、調整に悩まされている。
そもそもメガクチートの攻撃耐えたところでめざ炎程度では落ちるわけがなく、仮想敵にするのは間違いな気もするが、今のPTは致命的にメガクチートに弱いので視野に入れる価値はある。
一方のD方面はメガゲンガーのヘド爆程度なら確定で耐えられる為、H振りだけでも十分。

ニンフィアは物理面が脆くSも低いので案外落ちやすく、読みが必要なのでまもるみきりはほぼ必須技。
眼鏡だとそれが使えないので個人的に眼鏡はやめたほうがいいと思う。


折角なので今まで使っていた型も紹介。


@こだわりスカーフ型

IMG_4231.jpg

努力値:4-0-4-248-0-252
※めざ地の為、CDはU

低いSを補って超火力のハイボを連発する、以前の記事で紹介した型。
こちらは相手の上を取れるのでまもるみきりが無くてもある程度は問題ない。
しかしめざパは炎だと最速にできないうえ、火力が落ちてしまい仮想敵に全くと言っていい程通じない。
その為入れるなら範囲の広がる地面のほうがいいだろう。

リスクは大きいけどこの型は破壊光線入れてもよさそう。
S100~110あたりの相手の上を取れるのは大きく、様々な相手に刺さる。
しかしS100以下は耐久の高いポケモンが多く、落とせない敵のほうが多くあまり安定しない。
パチリスなどの手助け持ちを横に置けば、火力を増強しつつ上を取れるので非常に強い。

そこそこ活躍した型ではあったが、火力が足りずに落とし切れないと返しであっさり落ちてしまうこと、努力値をCSに特化しなくてはならない分耐久が大きく落ちてしまうなどの欠点が目立ってしまった。
あと、これは眼鏡にも言えることだがワイドガード持ちで詰んでしまう場面もあった。
残念ながら環境に刺さった持ち物であるとは言い難い。




@せいれいプレート型

IMG_4232.jpg

調整はリリバ持ちとほぼ同じなので割愛。

ニンフィアは高火力でゴリ押しのイメージが強いけどブイズ特有の補助技も豊富であることは忘れてはいけない。
その為ノーリスクで持てるプレートでハイボの威力を上げつつ補助技を入れる。
場合によっては攻撃技はハイボ1本でもいいかもしれない。
ただ、やはりSの低さ故に単体では欠伸を撃つのは中々難しい。
補助技が重要な型なのでめざパは不要。よって普通にA抜け5V。
(実は♀を粘る為に厳選に4時間以上かかったなんて言えない)




といった感じでニンフィアはとても調整の難しいポケモンであると言える。
ほんと今まで何回調整を試行錯誤しただろうか…。
試行錯誤の原因は概ねめざパのせいだが、補助技も入れるとなるとほんと大変。
珠やチョッキなんかもいずれ考察してみようと思う。

あと、めざパは鋼意識の炎か地面が多いけど、個人的には岩もありだと思う。
ファイアローや炎全般を意識した感じで。
シングルだと交代読みぐらいでしか撃つ機会はないだろうけど、ダブルならそれなりにあると思う。
でもやっぱり炎や地面のほうが安定するだろうか。

それにしてもなんでダブルだと眼鏡がこんなに多いんだろう?
シングルなら分かるが、ダブルだと守るが入らない分、周りで上手くサポートしないと動き辛いと思うのだが…。
21:42  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.02/21(Sat)

【ダブル】両刀メガボーマンダ調整案

今期ダブルレート、遂に80戦を超えました。
まだまだ勝率は五分五分といったところですが、立ち回りもある程度覚えてきたかなと。

で、PTに初期からずっと入れていて主軸を取っているメガボーマンダの考察を。




現在使ってるのはこちら。

IMG_4229.jpg

努力値:0-252-0-52-0-204
メガ時実値:170-197-150-147-99-182
S最速ジャローダ抜き調整、余りC

以前紹介したのは陽気物理1本だったが、現在はハイパーボイスを仕込んだ両刀となっている。
マンダを見ると鬼火を撃ってくる相手が多いこと、C120という数値を最大限に活かせるなどの強みがある。
しかし単純な火力ではラティオスやサザンドラに負けている為、特殊1本にするのは辛いと思われる。
その為このような構成となった。

少しでもCに努力値を回せるようにする為S調整を行ったが、実はこの調整が非常に悩みどころ。
ジャローダは現環境ではそこそこ見るうえ、強化された竜波やめざ氷を受けたらあっさり落とされてしまう。
しかしこちらが捨て身を当てれば余裕で確1の為、抜かれてしまうのは非常に勿体無いと思われる。
ただこの調整だとライコウがいる115族に抜かれてしまうのが辛い。
元々ライコウにはめざ氷で縛られるので不利でこそあるが、ライコウの隣に確1で落とせるポケモンがいる状況などを想定するとやはり抜いておきたい相手。
その場合は現在の調整+16の220振りで抜ける。

Aから努力値を割くという案もあるが、仮想敵をニンフィアにして計算してみたところ
補正なしA252振りでH252B4振りのニンフィアを捨て身でピッタリ確1にできるという事実がある。
1削っただけで乱数圏に入ってしまうので、中々調整するのが難しい。
93.8%の高乱数1で落とす場合はB4振りなら実値195の236振り、B無振りなら実値192の212振りで可能。
恐らくこのあたりが調整範囲だろうか。
両刀とはいえ基本は捨て身の超火力で押し切るポケモンなので、できるだけAは多めに振りたい。

さて肝心のC調整について。実はこれとても重要です。
スキンハイボの火力についてはニンフィアやメガサーナイトなどでもご存知の通り。
しかし道具補正を受けられないうえにCは120とそこまで爆発的に高いわけではない。
だが、ダブルにおける利点は2体同時攻撃であること。
これによって、残りHPの少ない相手を倒しつつもう1体も削るというプレイングが可能となる。
だったら地震でええやんと思うかもしれないが、地震は味方にも当たるうえ、意外と火力が足りない。
その点こちらは非常に使い勝手がよく、Sの高さも相まって非常によく刺さる。
飛行技を2つ採用することになるが、この両立は十分にありだと思う。
捨て身の反動で耐久を削らずに済んだりゴツメをすかせる点なども地味にありがたい。

一方、サブ技に炎技を搭載する案もあったが、これは致命的な火力不足。
文字でいくつかの鋼タイプを仮想敵に計算してみたが役割を持てる相手は非常に限られる。
参考までに、H252ナットレイを大文字で確1にするにはC68振りが必要。
メガクチートやメガメタグロスを確1にすることは当然不可能。
H252キリキザンもC特化で56.3%の中乱数1。
シングルならエアームドピンポで採用もあり得るが、ダブルではまず無いだろう。
使い勝手はやや悪いが、ヒードランにも有効な地震のほうが範囲は広いと思われる。

他の人の考察を見ているとドラクロや流星群を採用してる人が多いが、この技に関しても否定的。
メインウェポンにするなら基本的に飛行技だけで十分だからだ。
ドラゴン同士の撃ち合いには強くなるが、それでも捨て身があれば大体十分だと思われる。
ただ、飛行と地面では浮いている電気(ボルトロス、サンダー、ロトム、シビルドンなど)に有効打がない為、それを重く見るなら採用は十分あり。
尚、ボルトロスとサンダーにはエッジのほうが有効だったりするので選択になるかも。
このようなポケモンにどうしても役割を持たせたい場合にのみ選択でいいだろう。

あと今までの試合がそうだったが、パチリスとメガボーマンダの組み合わせは非常に相性がいい。
メガボーマンダを隣に置くと氷技を撃つ相手が非常に多い為、それを吸いながら動けるのは非常に大きい。
これによってゲッコウガやめざ氷持ちなど、本来不利なはずの相手を返り討ちにできる場面がいくつもあった。
ただ、トリパのメガユキノオーに吹雪を連打された時は流石にお手上げ。

ボーマンダはRS時代から大好きなポケモンだったので、今後も頑張って活躍させたい。
03:11  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.02/20(Fri)

【ダブル】調整あれこれ

今後はポケモン関係の記事については、タイトルにシングルかダブルか書いていきます。
まだ考察があまり進んでないけどシングルの記事もいずれ書く予定。

さて例によって大分更新が滞ってしまいましたが
あれからポケモンに関しては相当やり込んでおり、モチベは現在最高潮に達しています。
ダブルも構築や立ち回りにある程度慣れてきて、環境についても分かってきました。
1度はレート1610まで上がり、ようやく1600台まで到達できて歓喜していたのですが
そこから一気に6連敗してしまい、以降全然勝てなくなり現在は1464まで下がってしまいました。
その為、中々レートに潜る気になれないので気分転換に色々考察とかなんとか。



◆これまでに試してみたポケモン一覧◆



・ヒートロトム

IMG_4224.jpg

努力値:4-0-0-252-0-252
※めざパ氷、B個体値U

ご存知の通りの強さのロトム。
ウォッシュを採用していないのはスイクンと範囲が被ってしまう為。
当初は草技を採用したいという理由でカットロトムを採用していたが
やはり草技では範囲が狭く弱点もつかれやすい為ヒートに変わった。

トリックのおかげでクレッフィのような補助技軸を潰せる芽があったりしたが
スカーフではどうしても範囲が狭くなり、撃ち逃げなども意外にできない。
先発では出し辛くPTとの相性がいいかどうかは微妙なところ。
スカーフ以外も考察すれば再度調整してみる価値はあるかもしれないが
オボンのみはパチリスがいる為持てず、その他アイテムを持たせるのも厳しい為
どうしてもスカーフが1番良いという結論になってしまう点は果たしてクリアできるのか。





・カポエラー

IMG_4225.jpg

努力値:4-252-0-0-0-252

トリプルでは非常にメジャーなポケモン。
猫騙しで相手の行動を封じつつ威嚇で物理を弱らせ、格闘技で相性補完を狙う。
優秀に思えるポケモンだが現在のPTで使ってみるとこれが全く噛み合わない。
まず格闘技だけでは一貫性があまりなく、範囲が非常に狭い。
そして本来役割を持つべきキリキザンには逆に相性が悪いのも辛かった。
他の鋼タイプなどにも意外と役割が持てず、思うように動くことができなかった。
フェイントを岩雪崩に変える案もあったが、入れたところで明らかに火力が足りない。
あまりにも扱い辛い為4戦やっただけですぐに解雇された。




・ギルガルド

IMG_4226.jpg

努力値:0-4-0-252-0-252

現在のPTは鋼で相性補完ができる為、当初から候補にいたポケモン。
物理特殊どちらが向いてるかは何とも言えないが、とりあえず特殊にしてみたり。
割と適当に作ったので調整の余地はまだまだあり。
S個体値も超適当。たしか7~8ぐらいだったと思う。

使ってみた感想としては、やはり耐久の高さで簡単に倒れないのは素晴らしい。
とはいえ、性質上どうしても殴るチャンスを作るのが難しく、1回でも守るでかわされると大きく不利になる。
耐久があるとはいえもたもたしてるとHPはどんどん削られてしまうので
結果的に何もできずに敗北、などというケースが多いのは辛いところ。
現在のPTは追い風や麻痺撒きがメインの為、後攻を取ることが前提でPTと噛み合わないのも痛い。
持ち物は食べ残しのほうがよさそうだが、食べ残しはスイクンが所持している為持たせるのは難しい。




・ドリュウズ

IMG_4227.jpg

努力値:4-252-0-0-0-252

こちらも鋼タイプで相性補完に優れるポケモン。
PT単位で苦手なポケモンの他、ロトムに型破り地震を当てられるのは他にはない強み。
しかし耐久が低く、上から弱点をつかれてあっさり落ちてしまう場面が多かった。
まだあまり使っていないので考察の余地あり。スカーフのほうがいいかも?






あと今まで使っていたポケモンでも、スイクンとメガボーマンダの調整を見直し中。
スイクンはS調整を追い風で準速スカーフランド抜きの20振りに変更。(実値108)
そしてHを2削ってC252振りの火力特化で使ってみることにした。
しかし相変わらず火力は足りず、性格は図太いにするべきだったのかも…と少々後悔している。
ASのデータ消してスイクン再厳選の可能性が出てきた。
追い風を消して瞑想を入れたいが、ニンフィアが活かせなくなりそうなのも辛いところ。

メガボーマンダに関しては調整云々で記事1つ埋まりそうなレベルなので後日まとめる予定。

あとニンフィアは性格ひかえめ、持ち物精霊プレート、努力値164-0-0-252-0-92に変更。
HPが実値191の16n-1、Sが素で無振り70族+2、追い風で最速115族抜き。(実値92)
何だかんだでこの調整はかなり芸術的だと俺は思う。
技はハイボ・ショック・欠伸・見切りに変更。やはり見切りがないと辛い。
欠伸は相手ラス2の状態からの催眠技として使う場面が多いが、他の技でもいいかも。
眼鏡じゃないと火力が足りない(仮想敵に通じない)のでめざパは不要。
PGL見るとシャドボの採用率が高めだけど、誰に撃つんだろう…?

ダブルでは非常に扱い辛いのでアグノムはとうとう解雇されました。
襷ゲンガーや毒・格闘全般を見れるポケモンとして優秀ではあったのですが
やはり紙耐久故に不意打ちであっさり落とされたり、襷では火力が足りなかったり。
相手に毒や格闘自体があまりいなければ選出するメリット自体も皆無になってしまったり。
挑発で展開できるという強みもあるけど、それならボルトロスでも使ったほうがいいよなーと。
シングルでサポート兼アタッカーとして使っていく方針に切り替えようと思います。

一方でコバルオンは相変わらず相性補完としては優秀なポケモンですが
こちらも火力不足な為、素直にテラキオン使ったほうがいいのかもしれないと思うようになってきた。
ヒードランも厳選したいし、マスボあと2個欲しい…。
08:51  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。