FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.05/21(Wed)

MKDS あとがき

さて…☆茶で暴露したのでもう殆どの方がご存知でしょうが
ここ最近国内に現れた「LG21」というプレイヤーは私です。

Wi-Fiサービスが終了すると知り、私はあることを考えた。
最後に少しでも多く繋ぎ、写真集を作成することはできないか?と。
しかし今の国内は絶望的に終わっており、メインROMで繋ぐ気力はない。
更にメインROMは旧DSを使っており、ブログを見れば分かる通り画質が非常に悪い。
どうせ撮影するならやはり誰だって高画質なほうがいいはず。
だがLiteは半壊しており、更に充電器も行方不明であることに気づいてしまった。
となれば、3DSを使って繋ぐより他にない。
だが3DSは今までのDSに比べ操作が難しく、今から慣れていくのは難しい。
ここでこんな考えが思いついた…。

5月20日までという限られた時間制限の中、放置切断を繰り返して9999敗を目指してみないか?と。

放置切断なら回転が早く、マッチング後もすぐに再検索ができる為効率が良い。
幸い少し前に購入していた別ROMがあった為、これは容易に実現できる。
まさかあの時買った別ROMがこんなところで役に立つとは。
もう知る人は少ないだろうが私はかつて国内で6人目の9999敗、4人目の1万勝を達成した身。
これぐらいならもはや何ら大した芸当ではないのである。
これはもうやるしかない。という訳で「520までに9999」という名前で検索を始めた。

しかしこれは想像以上に困難を極める芸当だった。
3月は特にバイトが忙しかった時期で、繋げる時間があまりに短かったうえ、疲れてそのまま寝てしまうことが多々あった。
廃人全盛期だった2007年とはもう訳が違うのである。
それだけでなく、改造や妨害ではないとそれなりに主張したつもりだったが全く通じず、幾度となく良マッチが切断に終わっていく。
これは非常にまずいと思い、1度正体を言うべきか悩んだこともあったが、言ったところで解決になるどころか余計に逆効果になることも考えられた為言わないことにした。
最後の交流戦で明かすということをこの時点で既に決めていた。
怪しまれないようにマリオを即決すれば「即決は怪しい」と言われて切られ、エンブで悪意がないことを伝えても誰も相手にしてくれず、本当に何をやっても通じなかった。
挙句に放置死ねと煽る人物も数名現れてしまう事実。
やはり昔のように気軽に国内を走れる時代とは違うんだということを痛感する。

そして放置を続けるも、3月下旬でやっと1000敗というペースの遅さ。
このままでは9999敗どころか5000敗にすら届かないと思った私は、世界での検索を解禁した。
結果、海外の色々なプレイヤーも撮影できたので、より濃い内容の写真集にすることができた。
名前が頻繁に変わっていたが、全く話題にならないのは名前のせいではないかと思いここで固定ネームも考えた。
その時、たまたま手に取っていたヨーグルトを見て「そういえばLG21っていうのがあったな…」と思った私は、そのまま「LG21」を固定ネームとして採用。
ポケモンや鉄道から取った場合怪しまれると思ったというのももちろんあるが。
(ちなみに手に取ったヨーグルトはLG21の奴ではない)

しかし4月、このROMで史上最悪の事故が起こる。
大量に現れたNF達、幾度となくマッチングがNFされ撮影ができなくなる。
そしてどういう訳か、NFと住んでる場所は違うのに同じ場所と扱われ、NF扱いされてしまう。
これは非常にまずいと思った私は身バレ覚悟で、☆茶を見てることを思わせるようにNFの犯人ではないことを説明する。
この時正体がバレるのではないかと相当怖かったが、幸い気づかれなかった。
その後、LG21の名で☆茶に出向くなどするが、それでも気づかれなかった。
まさかここまで気づかれないとは思わなかった為、さてどうしようかと考えるようになる。
やがて5月10日の交流戦になり、対戦状況を見て思い切って☆茶に特攻し真偽を確かめに行く。
それと同時に悪意がないこと、タイマンなら切っても構わないということを説明する。
ついでに切断を続ける人物にも悪意がないことを伝えるが、その回答は予想外すぎた。
たしかにこの芸当をやることで枠を1つ潰して迷惑になること、ポイント誤差が出ること等迷惑になることは想定していた。
だが、これ程までに受け入れられない行為であるということは想定していなかった…。
これ程までに昔と今では落差があるのかと驚きを隠せなかった。

そんな日々だったがやはり最終日間際は違った。
予定通り、最終の交流戦でその正体を明らかにし、メインROMでの活動終了後はひたすら写真撮影に徹した。
おかげでこの数日間だけでかなりの量の写真を撮ることに成功した。
しかし相変わらず評判はいいものばかりではなかった。
それでも多数の懐かしい人々を次々と写真に収め、このROMの本領が発揮された。
☆茶を見る限りカラクリさんやSun・wolsiさんといった面子もいたらしいので、彼らに会えなかったのが残念だが。

そんなわけで、暴露話おしまい。
今後は昔を思い出しながら、HPで過去の資料を充実させていこうと思います。
☆茶はまだ暫くは思い出話の場所として機能しますかね?
スポンサーサイト
03:37  |  マリカーDS  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。