FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.02/21(Sat)

【ダブル】両刀メガボーマンダ調整案

今期ダブルレート、遂に80戦を超えました。
まだまだ勝率は五分五分といったところですが、立ち回りもある程度覚えてきたかなと。

で、PTに初期からずっと入れていて主軸を取っているメガボーマンダの考察を。




現在使ってるのはこちら。

IMG_4229.jpg

努力値:0-252-0-52-0-204
メガ時実値:170-197-150-147-99-182
S最速ジャローダ抜き調整、余りC

以前紹介したのは陽気物理1本だったが、現在はハイパーボイスを仕込んだ両刀となっている。
マンダを見ると鬼火を撃ってくる相手が多いこと、C120という数値を最大限に活かせるなどの強みがある。
しかし単純な火力ではラティオスやサザンドラに負けている為、特殊1本にするのは辛いと思われる。
その為このような構成となった。

少しでもCに努力値を回せるようにする為S調整を行ったが、実はこの調整が非常に悩みどころ。
ジャローダは現環境ではそこそこ見るうえ、強化された竜波やめざ氷を受けたらあっさり落とされてしまう。
しかしこちらが捨て身を当てれば余裕で確1の為、抜かれてしまうのは非常に勿体無いと思われる。
ただこの調整だとライコウがいる115族に抜かれてしまうのが辛い。
元々ライコウにはめざ氷で縛られるので不利でこそあるが、ライコウの隣に確1で落とせるポケモンがいる状況などを想定するとやはり抜いておきたい相手。
その場合は現在の調整+16の220振りで抜ける。

Aから努力値を割くという案もあるが、仮想敵をニンフィアにして計算してみたところ
補正なしA252振りでH252B4振りのニンフィアを捨て身でピッタリ確1にできるという事実がある。
1削っただけで乱数圏に入ってしまうので、中々調整するのが難しい。
93.8%の高乱数1で落とす場合はB4振りなら実値195の236振り、B無振りなら実値192の212振りで可能。
恐らくこのあたりが調整範囲だろうか。
両刀とはいえ基本は捨て身の超火力で押し切るポケモンなので、できるだけAは多めに振りたい。

さて肝心のC調整について。実はこれとても重要です。
スキンハイボの火力についてはニンフィアやメガサーナイトなどでもご存知の通り。
しかし道具補正を受けられないうえにCは120とそこまで爆発的に高いわけではない。
だが、ダブルにおける利点は2体同時攻撃であること。
これによって、残りHPの少ない相手を倒しつつもう1体も削るというプレイングが可能となる。
だったら地震でええやんと思うかもしれないが、地震は味方にも当たるうえ、意外と火力が足りない。
その点こちらは非常に使い勝手がよく、Sの高さも相まって非常によく刺さる。
飛行技を2つ採用することになるが、この両立は十分にありだと思う。
捨て身の反動で耐久を削らずに済んだりゴツメをすかせる点なども地味にありがたい。

一方、サブ技に炎技を搭載する案もあったが、これは致命的な火力不足。
文字でいくつかの鋼タイプを仮想敵に計算してみたが役割を持てる相手は非常に限られる。
参考までに、H252ナットレイを大文字で確1にするにはC68振りが必要。
メガクチートやメガメタグロスを確1にすることは当然不可能。
H252キリキザンもC特化で56.3%の中乱数1。
シングルならエアームドピンポで採用もあり得るが、ダブルではまず無いだろう。
使い勝手はやや悪いが、ヒードランにも有効な地震のほうが範囲は広いと思われる。

他の人の考察を見ているとドラクロや流星群を採用してる人が多いが、この技に関しても否定的。
メインウェポンにするなら基本的に飛行技だけで十分だからだ。
ドラゴン同士の撃ち合いには強くなるが、それでも捨て身があれば大体十分だと思われる。
ただ、飛行と地面では浮いている電気(ボルトロス、サンダー、ロトム、シビルドンなど)に有効打がない為、それを重く見るなら採用は十分あり。
尚、ボルトロスとサンダーにはエッジのほうが有効だったりするので選択になるかも。
このようなポケモンにどうしても役割を持たせたい場合にのみ選択でいいだろう。

あと今までの試合がそうだったが、パチリスとメガボーマンダの組み合わせは非常に相性がいい。
メガボーマンダを隣に置くと氷技を撃つ相手が非常に多い為、それを吸いながら動けるのは非常に大きい。
これによってゲッコウガやめざ氷持ちなど、本来不利なはずの相手を返り討ちにできる場面がいくつもあった。
ただ、トリパのメガユキノオーに吹雪を連打された時は流石にお手上げ。

ボーマンダはRS時代から大好きなポケモンだったので、今後も頑張って活躍させたい。
スポンサーサイト
03:11  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://amaris923.blog.fc2.com/tb.php/70-d8f20d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。