FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.06/04(Thu)

【シングル】起点作り兼アタッカー型プレートニンフィア

さてさて久しぶりの考察記事。
大分前から長らくシングルで使っているニンフィアの型なのですが
思いの外強くて環境にかなり刺さってると感じたので紹介してみることに。


性格:ひかえめ
努力値:164-0-84-252-4-4
実値:191-x-96-178-151-81
持ち物:せいれいプレート
技:ハイパーボイス/でんこうせっか/あくび/リフレクター
調整:C特化 H16n-1 B陽気鉢巻ガブの地震確定耐え 余りDS

基本的に先発運用で、対面有利ならハイボを撃ち、不利なら初手で欠伸を入れる。
相手が自分より遅い物理の場合は初手で壁貼り。
積み技が来そうだと思ったら欠伸で流す、といった運用が基本。
物理交代読みでリフレクターを貼ってもよい。

使用感としては、まず欠伸が全くと言っていい程警戒されない。
欠伸で流して出てきた相手は低耐久が案外多く、ハイボで後続にかなり高負荷をかけることができた。
並大抵の特殊アタッカーなら受け切れる為、等倍以上が確保できる相手にはかなり強かった。
普通なら絶対不利なメガクチートなんかも、初手リフレクターから欠伸を入れれば余裕で流せる。
まず欠伸が警戒されず堂々と積んでくる相手が多い為、読みを間違えなければ非常に強いポケモンと言える。
欠伸撃って落とされても後続の起点に繋げられる為、先発運用にかなり適している。
ハイボの仕様上、初手で身代わりを使われることがまずないというのは非常に大きく、安全に欠伸が決められる。
種族値の関係上物理アタッカーをよく呼ぶので、物理交代読みでリフレクターを貼るのも非常に有用。

ただし、ドリュウズなど上から弱点をつかれる物理アタッカーが初手で出たら流石に引くしかない。
フェアリーを半減するタイプを複数入れているPTもかなり多く、そのような場合は選出を控えた。
それでも等倍ならH振りクレセすら半分近いダメージを与えられるハイボの火力は絶大。
後ろに威嚇持ちを入れればより安定して使うことができる為メガボーマンダとの相性も良好と感じた。
特殊はメガゲンガーのヘド爆すら耐える為、並大抵の攻撃ではまず倒れないと思っていい。

フェアリーの一貫性の有無が重要な為、めざパが欲しいと思う場面は全くなかった。
フェアリーで相手し辛いポケモンには素直に他のポケモンで対抗したほうがよい。
Sが低い為、石火は様々な場面で有用。これのおかげで勝ちを拾えた対戦も多かった。
襷が潰せればいいという程度の感覚だったけど、意外と火力が出る。
A個体値は全く厳選していなかったが、これならもう少し高いのが出るまで粘るべきだったと若干後悔。

現環境のニンフィアは瞑想ねむカゴ型が多いようですが、個人的にはこの型のほうがいいと思いますね。
瞑想アタッカーは既にライコウがいるから、というのも大きいでしょうけど。
スポンサーサイト
22:21  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://amaris923.blog.fc2.com/tb.php/81-8654431c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。